プロフィール

ぽちお 

Author:ぽちお 
山陰の片田舎で2頭の犬と共にてんやわんこに暮らしています

そうじろう : Mix ♂ 2002.6.15 生れ
カレン : ボルゾイ♀ 2009.8.30 生れ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.12.04    カテゴリ:  ボルゾイ 

   黄昏る海で、

また、長い間ブログを放置してしまった
こんな放ったらかしのブログでも足跡を残していってくれる方もあるし、その間にも写真は溜まっていく
そして、ついに年末が迫ってくるという・・・いつもの懲りない、救えない状況をどうしたものか?
更新などと言うのはおこがましいけど、秋が始まる頃からの日常を振り返ってみると・・・
DSC_5091.jpg
夕日の賀露海岸(9月20日)

DSC_5112.jpg
黄昏る海士島(岩戸港・9月22日)

DSC_5115.jpg
夕凪の海、黄昏れカレン。静かなひと時でした

DSC_5123.jpg
ブルンと気持ちを入れ替えてみる?

DSC_5116.jpg
でも、たそがれる〜♪

DSC_5111.jpg
季節が秋へ変われば派手な赤い夕焼けはオレンジ色へ変わっていく・・・

SN3V0012.jpg
そして今は、もうすっかり秋でした。という・・・古い、つまらない話で・・チャンチャン♪
スポンサーサイト
ぽちおさんのブログのお写真はいつ見ても、とても綺麗です。
海の景色も本当に素晴らしいですねぇ(*^^)v

私もこんな所に行ってみたいな~と思います。
幻想的な美しさですネ。

カレンちゃんとピッタリ風景がマッチして
異国情緒あふれる感じ。

一番下の紅葉の写真も綺麗ですねぇ♪
紅葉はやっぱり本州のほうが北海道より綺麗かも。
こちらは早々に秋は終了・・・
11月にはハゲ山です(-_-;)

現在は既に雪に埋もれております・・・
冬になったばかりですが、早く夏がこないかなと夏を
待ち望む私です。
最近思うことは・・・
花ってこんなに鮮やかな色をしていたかな?と不思議に思ったり
夕日の海を見ては、きれいなもんだと思うようになりました
花は品種改良で鮮やかな色になってきたのだろうと思う部分もありますが
多分、これは年をとると起きる現象なんじゃないだろうか?と・・・

紅葉も良いものですね。北海道の紅葉もきれいだと思いますよ
札幌でボルゾイのブログを書いている方がいて
北大の黄金色に染まる銀杏並木など生で見たら本当にきれいだろうと感じました

そちら、雪が積もっているようですね
鳥取も冷え込んできて今夜は積もりそうです
私は自分だけで歩くより、ルークjrやクーちゃんと一緒のほうが、景色が良く見えます。空はより青く、花はより鮮やかにって感じで。きっと彼らが本当に楽しそうだから、私にも自然の良さがよりハッキリ分かるのかも。
札幌でボルゾイのブログを書いている人がいらっしゃるんですね!
確かに銀杏の紅葉はとても綺麗です。でも山でも場所によっては、銀杏みたいな綺麗な黄色ではなく、汚い黄色ばっかりみたいな場所もあるんですよねぇ(^^;)
釈菜さんがルークjr.君やクーちゃんと一緒に花や自然を楽しんでいる姿を想像していますが
そういう充実した気持ちになれるのは幸せなことだと思います

私は、今まで目が向いていなかったというか?単に気づいていなかっただけなんでしょうけど
たまにそうちゃんが散歩を早く切り上げたい時があって、そんな時はカレンと二人だけでもう一度歩くのですがカレンが前を歩いてくれるとどうしてなのか良く歩けますね
軽やかなボルゾイ独特の歩様を後ろで眺めながら歩くと何だか疲れないんです。どこまでも行けそうな気がしてとんでもない遠くまで歩いたこともあります
そういえば世田谷のあの方のブログにも書いてありました
>ボルゾイと歩くと疲れる気がしなくて、つい歩き過ぎてお尻のエクボが痛くなる・・・ 
まったく同感です。次の日はエクボが痛い(笑)
ワンコと歩いているとどこまでも歩けるような気がしますよね。
ボルゾイと歩くと疲れないという気持ち、よく分かります。
私もルークjr.と一緒だと、軽やかな歩様、風になびくコート、
歩いていても何だかとても楽しいんです♪

本当にどこまで行けそうな気がしますよね。
自分一人だと、あ~面倒臭っ!って思ってしまうような距離でも
ルークjr.と一緒だとサクサク歩けてしまいます。

世田谷の方のお尻のエクボが痛くなる(笑)
本当にその通りかも。私の場合、痛くなるのは
膝ですけど^^;

クーちゃんを連れて、夏にサイクリングロードを走る時も
前方に森や入道雲が見えていると、それに向かって
どこまでも走りたくなります。
昔、SF小説で「夏への扉」というタイトルの本があったんですけど、
青い空、緑の森、入道雲が見えると、本当に夏への扉へ向かって
走ってるような気持ちになって、ついどこまでも
走ってしまい、帰り道の体力がないという・・・(笑)
ボルゾイの歩様は軽くしなやかなんですよね
カレンはお尻を軽くフリフリしながら、ふわりふわり?と歩くんです
階段を降りるときだって、しなやかなその脚で体が上下することも少ないし
足の短いそうちゃんはガックン、ガックンと段差を吸収しきれませんし
道を歩いていても足を突っ張ってマーキングのために何度も止まります
でも、カレンは止まりたくないから声をかけないとそのままリードを引っ張る。
そんな散歩なので歩くことを楽しむというより修行のようなものです(笑)
でも、そうちゃんが若い頃は遠くまでよく歩きました
d、帰る体力がないという・・・釈菜さんと同じですね(笑)






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 今日も明日もワンタスティック All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。