プロフィール

ぽちお 

Author:ぽちお 
山陰の片田舎で2頭の犬と共にてんやわんこに暮らしています

そうじろう : Mix ♂ 2002.6.15 生れ
カレン : ボルゾイ♀ 2009.8.30 生れ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.18    カテゴリ:  今日のカレン 

   悪魔のダンス

大型犬と暮らすこと
それは、少なからず人様に迷惑が及ぶことは避けられないことでしょう
動物の匂い、抜け毛、鳴き声、等々。飼わない人は敏感に感じている筈です
でも、それは日々の中で少し気を付ければ許容範囲に抑えることは可能だと考えていました
でも、僅かな不注意から人様に直接迷惑をかけてしまいました
思い出せば今でも気持ちが沈みます
恥ずかしく情けないログですが、自分への戒めとして・・・・
IMGP1403.jpg

それは2週間ほど前の朝でした。いつもの土手を散歩して帰るころ馴染みのホワイトシェパード君に会いました
最初は歩きながらじゃれていたカレンがドタバタ飛び跳ねながら遊びを仕掛けました。他所の犬と遊ぶのは久しぶりなので仕方ないなと思いつつリードを引いて止めようとしたら首輪がスポッと抜けてしまいました
運悪く、この時ホワイトシェパード君はノーリード、あっという間に2頭が全速力で土手の道を駆けて行きました

やがてカレンの姿だけ水田の方へスッと降りて行くのが見えました。これは非常にマズイ!蒼くなって追い付くと、カレンは水田の中ではなく畦道をゆっくりと歩いています。やれやれと思いながら呼び寄せようとしましたが目は水田の稲に向いたままで、こちらには見向きもしないのです。イナゴとかバッタの類を見つけたのかも知れません
以前からカレンは虫やカエルに興味を持っていましたが、どうやら好奇心に火が点いてしまったようです。パシャッという音と共に水田に入り込み、口をカプカプしながら何か追っかけ始めました。近くにいた農家の方も呆気にとられて見ています。気が遠くなりそうな思いの中で必死にカレンを呼んだり怒鳴ってみても無駄なことでした

あろう事か、やがてカレンが水田の中を走り出しました
バシャッ!バシャッ!と泥と水の混じった黒い飛沫を撒き散らして走り回り、田の水に伏せては体を冷やし、虫やカエルに反応して飛んだり跳ねたりしています
捕まえようと近付けば逃げ回ってしまい、そうすると稲の被害も大きくなるので近付くことも出来ません

成す術はなく、絶望の中で見えるのは悪魔のダンス!頭から泥水をかぶりながら真っ黒な獣が嬉しそうに飛び跳ね、走り回っています
長い長い時間が過ぎたと感じるころ、やっと我に返ったように泥水を滴らせてカレンがトコトコトと戻って来ました
そして、呆然と立っている私の足の間に泥水でグチャグチャになった頭を突っ込んでゴシゴシと拭き始めたのです
やっと戻って来てくれた!カレンにリードを付けると体中の力が一気に抜けて行くのを感じました

すっぽ抜けた首輪は1年前に購入したチョークカラー。オーダーしたものなので体に合わせて作ってあります
でも、首と頭のサイズがほぼ同寸のボルゾイ♀はどうしても抜けやすい面があり、特に後ろ向きに引っ張られると弱いのです
ですから、やはり躾が出来ていないというのが大きな原因で、以前から引きずっている問題でした
それが、こんな形になって現れるとは・・・
ともかく今は、お詫びに行って補償の話もしなければなりません。現場にいた農家の方から水田の所有者の名前を聞き、取り敢えずはカレンを連れて帰りました

ドロドロのカレンはそのまま家に入れるわけもなく、といってこの暑い屋外に置いては行けないので大急ぎでシャンプーに取り掛かりました。しかし恐るべき田んぼの泥!洗っても洗っても落ちないのと細かな藁クズが毛に絡んで思うように洗えません。何度となくシャンプーを繰り返し、ようやく泥を落として部屋に入れ、直ぐに先程の現場に向かいました

水田の所有者の家を教えて貰うつもりだったのですが、すでに誰もいません。仕方がないので苗の被害を調べて見ました
ありがたいことに苗が大きく育っていたのが幸いして傾いているものはあっても倒れた苗は殆どないようでした
それから3日後、ようやく水田の所有者に会うことが出来ましたのでお詫びを述べ、補償をしたいので水田の被害を確認して頂くようにお願いしました

後日、お宅に伺うと留守番のおばあさんだけでした。お詫びの品を置いて帰りかけると、ご夫婦がちょうど帰宅され、田んぼは見てきたけど倒れた苗は僅かなので心配しなくて大丈夫。苗が今より小さな時や稲穂が伸びてくるころだと倒れた苗は駄目になるけど今なら起き上がって来るので被害はないし、自分も犬を飼っているので事情は分かります、仕方のないことですからと言って頂きました。何を言われても仕方がないと覚悟していたので思いがけない言葉でした

農家の方にとって田を荒らされると言うことは補償すれば済む問題ではない筈ですが、いやな顔ひとつせず気にしなくても良いですよとおっしゃる爽やかで暖かなご夫婦に、本当に救われた気持ちになりました
少し世間話をした後でもう一度お詫びを述べて帰り始めると、ビールの箱を重そうに抱えた奥さんが追っかけて来ます
被害がないのに、もらうわけにはいかないからと言う奥さんに一礼、そのままお宅を後にしました

本当に良いご夫婦に今回は助けていただきましたが、改めてリードや首輪を十分に確かめることや、きちんとした躾を身に着けさせる努力をしなければならないことを身に染みて感じる出来事でした
IMGP1404.jpg
スポンサーサイト
まずは、大きな被害がなかったこと、人に危害がなかったこと、
カレンちゃん(ホワイトシェパード君も?)にケガなどなかったことが幸いでした。

後に引っ張る・・・癖のある子には要注意ですね。
我家は後に引く子がいないので、今まで考えもしませんでしたが、
たしかにボルゾイの形状から考えるといつ抜けてもおかしくないですよね。

農家の方が寛大な方で本当に良かったですね!!
犬も大好きでいらっしゃったのでしょう。
今回のことは本当に不幸中の幸いでしたね。

気を付けていても、いつ何があるかはわからないですけど、
最大限の注意と努力を怠ってはいけないんだと、
私も改めて思いました。
我家は多頭飼いなので、日々の生活で色々と神経質になってしまっていますが、
注意を払いすぎるということはないですよね。
この場に暮らさせていただいているわけですから、気を付けることだらけですね。
大変申し訳ありませんでした

田んぼの所有者の方が理解のある人で良かったです
ホワイトシェパード君と遊びモードのなってしまったようで・・・ 
 こうなってしまうと止めようがありませんもの

ぽちおさんの顔が想像できます

でも、田んぼ地帯でよかったです。  車の通る道だったたら
もっと一大事になっていたと思います
私の住んでいるところはリードから離れてしまったら
交通事故のことしか浮かびません

冷や汗をかかれたと思います  
散歩に出るときは首のところにリードの止めゴムを
きちんと合わせます(ボルゾイは頭が小さいので抜けてしまうから)

躾はカレンちゃんにゾッコンのぽちおさんにはむずかしいかも?
私もワンコ達には激甘なので躾は心を鬼にしないと難しいです

本当に大変なことになったと血の気が引く思いをしました
こんな出来事を起こしたので改めて考えるのですが
日々の生活は気を付けることばかりです
えりさんが仰るとおり、最大限の注意と努力を怠ってはいけないし
犬と共にこの場所で暮らさせていただいているということ
それは神経質なくらいに注意を払うことで可能なのかも知れません

トラウマなのか水田の近くの散歩は緊張してしまうのですが
苗の様子が気になって時々見に行きます
水田には何事もなかったように青々とした稲が元気に育っています
ありがたいことです

その後、水田の所有者の方には出先でお会いすることがあったり
奥さんの勤務先もすぐ近くだったり、ご主人の弟さんの家も
我が家から3軒ほどのご近所だったことも知りました
狭い世の中というより、ご縁でみんなが繋がったような感じです
ソフィママさん、ご心配おかけします

交通事故ならソフィママさんに合わせる顔が無いところでした
そういう面では救いでしたが、田んぼ荒らしを見ていると
心臓に良くないです。気も遠くなります

丸い止めゴムの付いた黒いチョークリード、機能的にあれ以上の物はないですね
ただ、急な引きには際限なく首を絞めること、手袋なしでは手が痛くなること
(柔らかなエルクか鹿の革を被せたものが欲しいです)
そういうことでしばらく使っていなかったのが運の尽きだったようです

そう言えば最近カレンは以前のように引っ張ることは少なくなっていたのですが
最近はランに行かないから他の犬に出会うと狂喜!!少しはしゃぎが過ぎました

う~ん、心を鬼に・・・ですね
家では言うことをよく聞くし、何より心の中を感じ取ってくれて悪さもしないので
躾らしい躾けをしてこなかったのですが・・・暫くは鬼になりますヾ(`ヘ´)ノ

大変でしたね・・・
その水田を走るカレンちゃんの姿を見た時のドッキリと
心臓が痛くなるようなお気持ちよく分かります。

ボルゾイは顔が細くどうかすると首より頭の方が
細いような体型なので、カラーが抜けやすいんですよね・・・

私はハーフチョークのカラーを使っていて、ルークJr.は
抜けたことがありませんが、先代ルークは生後8ヶ月くらいの子犬の時に、よその犬に襲い掛かられて、
ビビリあがって首を抜いて逃げたことがあります。
幸い河川敷だったのと、ビビッて逃げたものの、
少し離れた所で座って私を待っていたので、捕まえる
ことができたので良かったですが・・・

カレンちゃんに怪我もなく、水田の被害も少なく、
その水田の所有者のご夫婦も
とても良い方で、不幸中の幸いでしたね。

ボルゾイは動くものに興味を示すので、カレンちゃんも
カエルや虫がとても楽しく見えちゃったんでしょうね・・・
ルークJr.も夏になって虫が多くなってきたので、
公園とかで伏せて休んでいる時も、キョロキョロと
虫を見て、前足で叩いたりして遊んでます。


あと、だんだん年齢を重ねるとともに、落ち着いてくるので、その内に仲良しの犬に会っても、カラーが外れるほど大ハシャギすることもなくなってくるのではないかと
思います。

先代ルークが犬大好きで、犬と遊ぶ時は大ハシャギな子だったんですが、2歳半を境に落ち着き始め、3歳になるとノーリードの時に、仲良しの犬が現れても、
ノーと言えば行かず、私の横に付いているようになり、
もっと歳を取るともう遊ぶという気持ちはあまりなくなったようで、尻尾を振って挨拶だけすると、後は
さようなら~という態度になっていったので、今後は
ご心配も次第に減っていくのではないかと思います。

今が一番ピークで元気のいい年頃ですから。

今回は大事にならずに、本当に何よりでした。
きっとぽちおさんの迅速で真剣なお詫びの対応も良かったんだと思います。
釈菜さん、こんにちは (^-^)ノ

情けない話です。自業自得、身から出た錆ですが
幸いにも相手の方がとてもよい方だったのと
水田の苗が思っていたより傷んでいなくて
大事に至らずに済みました

今までカラーが抜けたことは無かったのですが
大ハシャギでクルクル回っているところを引っ張ったために
振り返るように首を振られ、簡単に抜けてしまいました

大失態でしたが、カレンも少しは落ち着いて来つつあるようです
以前は他所の犬を見ると遊ぼうとして突進していましたが
最近は少しジタバタするものの、言葉で押さえが効くようになりました

大人しくなると楽かも知れませんけどイタズラでお転婆なところも
少し残していて欲しいなと思います
因みに、そうちゃんはメタボのため動くのが面倒になってきて
私が来ても寝たままで体は動かさず目玉だけこちらへ向けて
尻尾をパタパタと何度か動かすだけのエライお犬様です

そうちゃんは低脂肪のフードですがカレンがそれを食べたがり
そうちゃんはカレンのフードを欲しがります
見ていないとフードの交換というか、入れ替わって食べています
夏はカレンの食欲が落ち、だからそうちゃんは夏太りなのです
これも溜息の絶えない原因です
大事に至らなくてよかったですね。。

ひやひや

どきどきして読ませていただきました。

カレンちゃんを呼び込む
ぽちおさんのお気持ちもお察しします

水田のご夫婦温かいですね。。。
心がほわんとあたたかくなりました。

本当に大事に至らなくてよかったです
クリスティーナママさん、ご無沙汰しております。
ブログは拝見のみで失礼していますけど
いつも楽しく読ませていただいております

今回の顛末はお恥ずかしい限りですが
カレンが田んぼを荒らしている間は
本当に頭の中が真っ白になったようでした
あの状態で被害が殆んど無かった事を不思議に感じています
そして水田の所有者のご夫婦には、とても感謝しています

飼い主がキチンとしなければこんな事になるぞと
天罰が下ったように感じていますが
本当に大事に至らなかったのは幸いでした






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 今日も明日もワンタスティック All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。