プロフィール

ぽちお 

Author:ぽちお 
山陰の片田舎で2頭の犬と共にてんやわんこに暮らしています

そうじろう : Mix ♂ 2002.6.15 生れ
カレン : ボルゾイ♀ 2009.8.30 生れ
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.11.27    カテゴリ:  今日のカレン 

   秋から冬へ

11月27日
2年前の今日、紫チェックちゃんと呼ばれていたボルッ子を我が家に迎えました
IMGP1630.jpg
上の画像のバナナとCDの間の白と紫のチェックのリボンがそのとき身に着けていたもので
我が家の数少ないお宝の一つになりました
ピンク地に白いハート模様のシーツはカレンが入っていたクレートの中に敷いてあったものです
クレートには他に袋が結び付けられていて、中には母を恋しがった時のために母犬の匂いを付けてあるというピンクの格子縞のシーツや、いつも遊んでいたバナナの縫いぐるみ、転がると鈴が鳴るコンビボールが入れてありました

大事に育てていた子を送り出されたご家族の心情を思うと粗末にできなくて大事に使っていますが、今やバナナは少々お疲れ気味!ボールもついに穴が開いてしまいましたけど、この先もずっとカレンがいる限り傍にある筈です
ボルパピーの絵柄のCDは別に送って頂いたものですが、シルバー君の画像がプリントしてあります
なぜかと言うと、それは最初に希望したのがこの子だったからなのです
この子は、かなり大きくなりそうな牡のボルゾイでしたから初めて大型犬を迎える私があまりにも身の程知らずに思えて結局は無理をお願いし、女の子を迎える事になりました

画像 131
これがそのシルバー君。きりっとした顔と力強い体付きはやっぱり男の子!
今、この子は北の大地で立派なボルゾイになって幸せに暮らしています

画像 2478
こんな子が・・・

画像 225
こんなに集まって・・・どの子もみんないい子ばかりで可愛いよ~!!

画像 205
こちら、紫チェックのリボン・・・カレンです!! あの、お転婆にもこんな時があったんです

IMGP1624.jpg
あの日と同じ紫チェックのリボンを付けてみました。コンビボールとバナナもあの日のもの・・・
この家で暮らすようになって今日で2年!!どうなのかな、カレンは幸せですか?

IMGP1593_20111231014847.jpg
昨日は、遅ればせながら紅葉を求めて鳥取城跡へ。夕日のまぶしい中、二の丸まで歩きました

IMGP1597.jpg
サクサクと落ち葉を踏みしめると秋の名残を感じます

IMGP1601.jpg
遅い時間だったので、すぐに辺りは黄昏に包まれてしまいました
秋から冬へ、山は静かに暮れて行きます

***パピーの画像はクリスティーナガーデン様より頂いたCDから転載いたしました***
スポンサーサイト
こんにちは~  ぽちおさん

あれから 2年ですか あの日は午前中に毛布や玩具をお嫁り?仕度ではないのですが
買い物に出かけていました。シルバー君だから男の子用を準備する予定でいましたが
途中で携帯が鳴り、紫チェックちゃんに変更(エ~私の気持ちが・・・)
お別れの準備気持ちの整理が出来ずに送り出せない わたしはぽちおさんに長電話しました
すいませんでした。 ハート柄の毛布に玩具がまだ使われていたなんて・・・
ありがとうございます。
そして、懐かしい写真  シルバー君 紫チェックちゃんのスティを手伝ってくださったのが
功さんです。 顔写しはNGだったので腕とお腹辺りしか登場していませんが、あの日の
写真撮影のことを思い出しました、。「みんなおめめクリクリ コロコロ!!」功さんの言葉です。

ワンズを通して良き親戚 犬吉友達も増えました。幸せな人生です。

美人のカレンちゃんと言って頂けるほど美しく成長して、ぽちおさん以外のブログにもアップ
していただいて  わたしは幸せ者です。ありがとうございます。
大切に育てた娘を嫁に出す時に、少しでも寂しい思いをさせないようにとのお嫁入り道具から、ブリーダさんの幸せになってねっていう思いがひしひし伝わって来て泣けちゃいました。
そんな娘を迎えるからこそ、その思いに応えるべく育てているぽちおさん。
カレンちゃんはこんな素晴らしいお家に来られて幸せです。
こんな思いをやり取りできるブリーダさんは、私の知っている中でははじめてかも。こんな動物のやり取りが全てであったら、不幸になる仔は少ないのになぁ・・・。
お互いの気持ちがとても伝わっておばさん号泣です。
この頃涙もろいのよ。歳だなぁ~今更だけど。
2年ですかー!!早いですね!!!!
初めてランで出会った可愛子ちゃんが、今では誰もが振り返る美人さんにe-446
初めて出会って、写真撮らせていただいた時、この子にはオーラがある!って感じました。
こんな素晴らしい子が、素晴らしいオーナーさんに迎えられて、お近くにいる・・
大喜びの私・・・・ブログを振り返ると今でもその嬉しさが思い返されますe-446
そうそう!!!そのオーナーさんが、私がお散歩中に話しかけてくださって、ベルのことを褒めて下さった方だったとは!!
2重に嬉しかったですe-446好意的に話かけてくださる方にはウェルカムの姿勢の私なんですが、
特にぽちおさんは本当に愛しそうに犬たちを触ってくださっていて、なんて穏やかな方だろう・・・って思っていました。

ソフィママさん、クリスティーナガーデンさんのようなブリーダーさんは本当に素晴らしいですよね。
全ての子に愛情を持って育て、送り出した後も様子を気にかけてくださって・・・
今、とんでもない増殖屋(ブリーダーなんて言葉も当てはまらない)が増えている現実の中で、
信頼できるブリーダーさんとは?本当のブリーダーさんとは?と思ってしまいますが、
お里は本当に私の理想でもありますe-446
我家にも不幸にも元飼主やブリーダーに恵まれなかった子が何頭かいます。
ファラシェイクきょうだいのブリーダーさんは遠くからいつも気にかけてくださっています。
本当に色々ですね。

カレンちゃんは生まれてから今までずーーっと幸せですねe-446
これからも幸せが約束されていますe-454

二の丸には、どちら側から登られましたかー??
私は県庁側からは登ったことがないので、登ってみようかな・・・
円護寺側からだと、山道がキツイですよねe-330
先日は、犬に引っ張ってもらって登りましたe-327
 ソフィママさん、こんばんは~ ヾ(^o^)ノ

2年前のあの時、私は動揺していました
その不安な気持ちはクリスティーナママさんにはお見通しでした
>初めてなら女の子の方が良いかも知れません・・・
その言葉に救われたように女の子を希望してしまいました

ソフィママさんには、余りにも唐突だったことでしょう
幸せを願い、笑顔で送り出す気持のゆとりはなかったと思います
電話が涙声に変わり、こちらも胸が熱くなったことを覚えています

ソフィママさんには辛い別れを強いてしまいました
その辛さの裏返しにカレンを幸せにしなければと考えています
また、シルバー君のオーナーさんともブログでお話ができて意気投合!!
本当に良い縁に恵まれて幸せを感じています

画像の方は功さんではないかと思っていましたが、やはりそうでしたか!
とてもやさしい方だったそうですが、カレン達がお世話になったことに
感謝しつつ、天国からも見守って頂けることを願っています
Jolly ママさん、こんばんは~ ヾ(^o^)ノ

とんでもない話です
決まっていた話をひっくり返して、送り出す前日にカレンにしたのですから!!
ブリーダーさんは困り、呆れ果てたと思います
だから、その分カレンを可愛がって・・・というまでもなく
私はボルゾイ(カレン)を選んで本当に良かったと思っています
我がままなところがなく人の気持を汲み取って動き、穏やかな性格と
優雅な姿!こんな可愛い生き物は、そう多くはいないと思います

カレンは可愛くて仕方ないのですが
私のところに来ていなければ、裕福な家に迎えられて広大な庭で何頭もの
ボルゾイたちと何不自由なく暮らしていたかも知れないのに・・・

それよりJolly ママさんと、つくちゃんとの出会いをブログで見たときは
胸が熱くなりました
そんなつくちゃんが不幸のどん底からJolly ママさんに救われて
先住犬のJollyちゃんとも仲良しになって幸せに暮らしているのがわかります
子猫におっぱいをあげる優しさも、そんな幸せな暮らしがあるからですね
いつもJolly ママさんのブログに、つくちゃんが登場するのを待っています (*^-^)v

あれから2年・・・

早い様で。。。本当に色々なことがありすぎるくらい私の周りではありました。。
よいこともよくないことも。。。

でもぽちおさんのブログを見て。。
皆さんのうれしいコメントにふれ・・・

とても温かい気持ちになれました。

カレンちゃんがつないでくれたよきご縁に心から感謝して日々精進していきたいと思っています

そして。。ぽちおさん・・カレンちゃんのことを可愛がっていただいてありがとうございます。。

ご安心ください。。

カレンちゃんのお顔が・・・笑顔が・・・『私はこんなに幸せですよ~~~♪』ってあふれていますから・・
・どうか・・・自信を持って くださいね~~~
 えりさん、こんにちは~ ヾ(^o^)ノ

カレンを褒めていただいてありがとうございます
私までがお裾分けに有り付けて(笑)本当に嬉しいです

あの日は、車で走っていて散歩中のえりさんたちを見つけたんです
何しろ生でボルゾイを見ることが出来るのはラッキーなこと
慌てて車を放り出して駆け寄りました(物凄く不審なヤツだったことでしょう)

ボルゾイ、サルーキ、チャイニーズクレステッド/パウダーパフ、
イタリアングレイハウンド。どれも目にすることの少ない犬種を4頭!
それを従えているえりさんの姿は危うさが全くなく、絵になっていました
不審なヤツを追い払わず嫌な顔ひとつしないし、この人は只者ではない!!(笑)
そう思いながら勝手にベルさんを触らせてもらったりしているうちにエライことが・・・
この出会いによって、潜んでいたボル熱が再発!!治癒不能になったのです
それから何ヶ月か過ぎ、我が家には大事な一人娘ができました
ベルさんのように、静かに寄り添う優しく優雅な子に育って欲しいと願いました

その後も、えりさんのことは何も知らなかったのですが 
カレンを連れて行った水辺プラザでぷうははさんに出会ったのがきっかけで
えりさんという名前と、お住まいがご近所らしい事を知りました
そしてぷうははさんのブログから、えりさんのブログにたどり着いたのでした

1頭の犬がもたらしてくれた幸せは、やがて多くの人の心もつないでくれました
そんな力を不思議に感じながら、この繋がりを大事にしなければと考えています

ついに、えりさんも久松山ですか(^-^)v
私は博物館の横のスロープを回って、二の丸までだったのですけど
山頂まででしたら円護寺側から登るのが断然楽だと思います
正面からは、もう長いこと登ったことがないのですが
以前登った時は登山道が急でしたので途中で力尽きそうでした
裏からばかりではなく、そのうちに正面からドンと登ってみますので(^_^;)
その時は、また報告します 
クリスティーナままさん、
私はカレンに癒されて楽しく毎日を送っています

クリスティーナままさんが愛情を注いで育てられた子達は
やさしく美しい立派な子ばかりです
素晴らしい血統で立派なボルゾイを育てておいでの
ブリッツママさんとクリスティーナままさん、そしてソフィママさん
皆さんのお人柄はお会いしたことはなくても分かります
そのボルゾイが素晴らしい子達であることからも!!

育てたボルゾイに掛ける深い愛情は、やさしく美しいボルゾイとなり
その子達を迎えた人たちは幸せな気持で暮らしていけるのです
皆さんが世の中に送り出したボルゾイによって多くの人たちが癒され
幸せな気持ちになっていることは素晴らしいことです
私もその中の一人としてクリスティーナままさんとソフィママさんに感謝しています
そして、ブリッツ君の血がカレンの体を流れていることも誇りです
幸せをありがとうございます

私も自信を持てるようにカレンを育てて行くつもりです
どうか以前のような元気ままさんに戻ってください 
ぽちおさん、カレンちゃんをお迎えしての2周年、おめでとうございます(^_^)
懐かしい写真が!!

最初、カレンちゃんのお嫁入り道具の写真のCDを見て、
ルークjr.にソックリ!!やっぱり兄弟だから似てるワ~♪
アングルまで一緒と感心したオバカな私でした(笑)
似ているはずですよね、ルークjr.本人だったとは^^;

パピー時代のカレンちゃんももちろんとっても可愛いですけど、
今の姿も本当に気品に満ち溢れ、美しいです!!
本当に美人さんに育っていると思います(^_^)


ぽちおさんが、当初の予定通り、ルークjr.をお迎えされていたら、
ルークjr.は今、私の所ではなくぽちおさんの所にいて、
私はぽちおさんとお知り合いになる機会がなかったかもしれないんですネ。
本当にご縁とは不思議なものだと感じます♪

私も最初にボルゾイをお迎えする時に、男の子がいいか、女の子がいいか
すごく迷ったんです。とある所に(わりと有名どころ)問い合わせた時に
「女の人が飼うならメスにしておいた方がいいよ。うちからオスを
飼った女の人は、そのオスがすぐ他の犬に襲い掛かろうとするんで
真夜中、人が寝静まった時刻にしか散歩に行けないって言ってたよ。」
と・・・


そして不安になった私がそれじゃあ、女の子にしようかな・・・と
言うと
「うちのは全部ショータイプだから、メスでも50kgくらいある犬
ばかりだから、見映えはいいよ」と・・・

50kgもあるならメスでもオスでも変わらないじゃん!!と
思ったのを今でも覚えています(笑)

その後、先代ルークのブリーダーさんに問い合わせをし、
「ボルゾイは性格が優しいからオスでもメスでも大丈夫ですよ」と
言って頂き、安心して先代のルークを迎えたんです。
確かに穏やかで優しく、50kg超えの子でしたが、70歳近い私の母が
指一本でリードを持って歩けるくらいでした。


最初に聞いた恐ろしい話とはエラい違いで^^;
この時、とっても男の子か女の子かで迷ったので、ぽちおさんのお気持ちは
とてもよく分かります。

カレンちゃんはいつも笑顔でとても幸せそうです(^_-)-☆
ぽちおさんの所で幸せで輝いているのは、写真を見ると分かります!!

カレンちゃん、良いお家へお嫁入りできて本当に良かったですネ♪

ルークjr.もぽちおさんの所へ行っていたら、私の所にいるより
幸せだったかも・・・と
優しいぽちおさんを見て、反省する鬼ババアの私です(・・;)

お祝いの言葉とカレンを褒めていただいてありがとうございます
事後ですみませんけど
ルークjr.君の画像が、とっても可愛かったので使わせて頂きました

私の乏しいボルゾイの知識では、牡でも40kgくらいに考えていました
話が決まった時に、この子は50kg位になると伝えられ仰天!
私はともかく、家族が猛反対で、この小さな家にそんな大きな犬は
入らないと言われるし(確かに家の外へはみ出すかと)

もうひとつ反論できなかったのが
>あんたが散歩できない時に一体だ~れ~が代わりをするんですか?
犬に引きずられて痛い目になんか遭いたくないですっ ヾ(`Д´)=3
怖いオバサンが怒り狂うので仕方なく女の子に・・・
そんな訳でしたけど、北海道へご縁がありましたとソフィママさんから聞いて
いい所だな、ボルゾイにはぴったりだと思いました

先代のルーク君はクリスティーナままさんが驚き、あのマレーラを育てた方も
これが本当の牡ボルゾイだと言わしめたそうな釈菜さんの立派なボルゾイ!
縁あってその釈菜さんのところへルークjr.君が迎えられ
そして偶然にも先代ルーク君と同じ血縁だったとは・・・

これは偶然ではなく運命というか、見えない意図が働いているようで
不思議な気持です
紆余曲折があっても迎えるべき人のもとへ迎えられた・・・
そう思える出来事でした
だからルークjr.君は釈菜さんのところが一番幸せだと思います

うちのバアさんは絶対に鬼だと思いますけど
釈菜さんは鬼ババアなんかじゃないですよ(^_-)-☆
カレンちゃんと出会って、もうすぐ2年になるんですね~!!
最初にお会いしたのは、まだ寒い頃だったかと。。。違いましたっけ?!
まだパピーちゃんでしたもんね!!
懐かし~~ぃ!!
すっかりレディさんになって、とっても幸せそうですよ!
ちゃ~~んと迎えられた時の思い出の品をとってらっしゃるなんてステキですね~!!

パピーの時のお写真は何ヶ月くらいですか??
見た感じ2ヶ月くらいに見えますが、支えてらっしゃる方と比較すると
やっぱり大きいですね!

昨日、きっと来るべくしてぷうはうちに来たんだよね~って
義姉と話してたんですが、カレンちゃんもきっとぽちおさんの所に
来る運命だったんでしょうね~!!

うちの子記念日。。。おめでとうございます!!^^
 そうですね、ぷうくんと会ったのは1月末でしたから寒い頃ですね
まだ5ヶ月のカレンでしたけど、体は結構大きくなっていて
広い場所が嬉しくて、ぴょこぴょこ飛び跳ねていました

パピーの画像は1ヶ月半ば~2ヶ月くらいでしょうか?
カレンと運命で結ばれたのなら嬉しいですし、そうであってほしいです
「うちの子記念日」いい言葉ですね。今度からそれ使いたいです!

少し前にカイト君、メイちゃんには、うえき村で会いましたけど
ぷう君はブログで見るばかりで中々お目通りが叶いません
またお会い出来ればと思っています






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 今日も明日もワンタスティック All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。